2017年10月アーカイブ

1) 9月のリゾート会員権取引状況

 9月は株価が2万円台を回復しました。収益力を高めてきた日本企業が評価されてきていることが背景にあると見られています。

また、上場企業の昨年3月期業績純利益が過去最高を更新する見込みとの事で、景況感は良い状態がつづいているのではないでしょうか。


 リゾート会員権市場は9月も活発な動きを見せています。

8月のお盆明けからリゾート会員権市場はかなりの動きがありましたが、この流れは9月に入っても同様で動きのある市場となりました。

理由は、株高など景況感が良かったことに加え、8月の積み残しが契約へ進んだとことも要因と言えます。


 取引の状況を見てみますと、9月は8月同様にエクシブの取引件数が全体の取引54に留まり、2か月連続で50%台となりました。

 

内容を見てみますと、エクシブの取引件数自体は安定した数で推移しています。このことから、エクシブ以外の会員権の取引件数が多かったということができます。
相変わらずサンメンバーズの取引が多かったのは8月同様ですが、その他の会員権も万遍なく取引されていました。特に逗子マリーナは2か月連続で複数の取引が行われました。また、しっかりとした運営がなされているクラブの会員権は確実に取引がなされています。
因みに、昨年同月と取引件数を比較すると12%アップという結果となっています。

 

次に、取引された会員権価格を見てみます。
一番取引が多かった価格帯は、先月同様100万円以下の会員権でした。全体の52%がこの価格帯の取引でした。
取引された内訳は先月と似ておりサンメンバーズ・ワールドホリデーの取引件数が多かったこと、更には逗子マリーナやその他のクラブが万遍なく取引されていました。

 次に多かった価格帯は以外にも300万円以上の高額商品でした。
100万円以上300万円以下の会員権よりも全取引に占める割合が多く25%を占めました。
エクシブスーパースィートの会員権の取引はそれほど多くはなかったのですが、東京ベイコート倶楽部の取引件数が多く、このような結果になっています。

 一方、100万円以上300万円以下の会員権の取引内容を見ますと、エクシブのラージタイプとスィートタイプの会員権が殆どです。
エクシブに限って取引された割合を見るとこの価格帯が一番多く、全体の40%を占めています。しかし、全取引に対する占有率は23%となってしまっています。

この結果は全取引に占めるエクシブの取引割合が少なかったことによるものと見られます。

 

 

2) 9月のリゾート会員権流通の特徴

 9月は8月とは逆に値下がりした会員権の数が多い月となりました。
8月に値上がりした会員権が9月に値下がりしたという例が多く見られています。
 

      値上り
   会員権数
    値下り
   会員権数
   指数     前月比較
9月 25件 35件 237ポイント -12ポイント


9月に値上がりした件数は25件となっています。

値上がりした会員権の内容を見ますと、エクシブが12件、東急ハーヴェストクラブが11件となっています。
特に東急ハーヴェストクラブを見てみると、市場に出ている会員権の57.8%が値上がりしたことになります。しかも、その54%の会員権が最高値を更新しています。

一方、エクシブの値上がりは、市場に出ていた会員権が取引されたことで、次の登録価格が高いことによる値上がりとなっています。
値上がり幅もそれほど大きくありません。

 

9月に値下がりした件数は35件と、先月より14件多くなっています。

35件中29件がエクシブとなっています。

市場に出ている価格で動かない商品が値引かれている状況となっています。
その意味で、需要と供給のバランスで価格の調節がなされていると見ることができます。
価格が安定してきたと見られていたエクシブ箱根離宮や有馬離宮に値下がり物件が散見されています。
この値下がりは、一旦値上がりした価格の調整とみられます。


9月に最安値を更新した会員権は3件でした。

エクシブ鳴門CバージョンZが80万円から75万円への値下がりでした。

エクシブ以外の会員権が2件あり、逗子マリーナニューカトレアが10万円から7万円へ、エンゼルリゾート南熱海が20万円から15万円へ値下がりしています。


一方、最高値を更新したのは6件で、いずれも東急ハーヴェストクラブでした。

6件中2か月連続で最高値を更新したのが、東急ハーヴェストクラブ京都と箱根甲子園です。

京都は今年になって15万円、箱根甲子園は45万円値上がりしています。

箱根甲子園はホテルの前に中学校があり不評だったのですが、それが無くなったことでイメージが良くなったことが値上がりの要因かもしれません。

 

 

Copyright (C) 2000-2017. -kaiinken Co., Ltd. All Rights Reserved.
 

★この件に関するお問合せ★
  神奈川県横浜市中区常盤町3丁目21番地  
株式会社 e会員権 企画調査室
TEL 045-222-6521 FAX 045-662-6890
ホームページ http://www.e-kaiinken.com
e-mail info@e-kaiinken.com 
(一社)日本リゾートクラブ協会賛助会員
宅地建物取引業者 神奈川県知事登録(3)第25987号

このアーカイブについて

このページには、2017年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2017年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。